平成26年度辞令交付にあたって

1.社会福祉の「社会」を考える

はじめて社会人経験をなさる方にとっては、この職場が仕事人生のスタートとなります。あなた方一人ひとりにとって意義のある、新たな価値をつくる相互交流空間であることを願っています。私たちがあなた方に期待することは「考える職員になっていただきたい」、そして「行動する職員であってほしい」、この二点です。

1.社会福祉の「社会」を考える
 社会福祉は文字通り「社会」を外して語ることができません。
 では、みなさんはこの現状の「社会」をどうのように受け止めているでしょうか。
 先日(平成26年3月27日)、袴田事件の再審が静岡地裁で決定されました。「拘置、耐え難いほど正義に反する」との異例の拘置停止理由で、即日、東京拘置所から出る袴田さんの姿をニュースで見ました。テレビ画面を蓼む涙目で見入りました。死刑判決後の長期にわたる収監といつ執行されるかわからない死の恐怖のなかで、風を切る拳をもっていた青年の顔貌は深い心の傷によって痛ましさが滲むほどに変わり果てていました。袴田さんが黙して語らない拘禁反応的表情に権力が犯した罪の重さを感じました。30歳で逮捕されて48年間、死刑判決を言い渡されて34年です。一度きりの人生の時を逆回しすることはできません。
 ところが昨日、静岡地検は即時抗告をしました。恐ろしいことです。組織がもつ悪について人間は深く考えてきました。が、人間の組織は複雑多様で過ちを繰り返します。人間の二次的資質・人格はこのような社会関係のなかで形成されます。反社会的行為といわれる多くが陽のあたらない湿った場で繁り、幼な子の柔らかな意思に寄生しながら本体を変質させていきます。
 04年の内閣府調査では死刑制度を8割の人たちが支持する社会が日本という国です。08年のアムネスティ・インターナショナルの統計によると137か国が死刑制度を廃止しています。また、07年には、死刑制度廃止について国連が賛成多数で議決しています。極論をいえば国家権力による殺人が死刑です。死刑を望む世論の延長には戦争という殺人に行きつきます。
 明治43年(~44年)の大逆事件では幸徳秋水ら12名が死刑執行されました。冤罪です。この事件に激しく反応したのが石川啄木です。周知の通り、啄木は日清・日東戦争の勝利に沸く人々の流れから外れた位置から、世界の一等国になるという「坂の上の雲」を掴んだ社会に対して、「時代閉塞の現状」(明治43年8月)という視点からの鋭い批評を続けました。
「この立憲国のどの隅に、真に立憲的な社会があるのか?真に立憲的な行動が、幾度吾人の現前に演じられたのか?非立憲的な事実のみが跋扈しているような事はないのか?政治理想の結合なるべき政党が、この国においては単に利益と野心の結合に過ぎぬではないだろうか?」(「林中書」明治40年3月盛岡中学校校友会雑誌第9号)
 政権交代前後の現代政治状況とまごうことなく重なるようです。しかも、特定秘密保護法・集団的自衛権行使の解釈変更・戦後レジームからの脱却・教育委員会改変等々‥‥。GNP世界第2位を実現し、順位を中国に譲り、国民が総中流意識を失った現状の社会には時代閉塞感が充満しています。その国民的感情の現れの一つが「ヘイトスピーチ」です。

  地図の上に
  朝鮮国にくろぐろと
  墨をぬりつつ秋風を聴く

 啄木がこの歌をつくったのが1910年(明治43年)です。この年、日本は韓国(1897年李朝朝鮮が大韓帝国に国名を変更)を併合しました。偏狭なナショナリズムは格差社会(階級社会)の貧困層のルサンチマンに寄生し繁殖していきます。
 歴史は繰り返すのでしょうか。23歳の寺山修二は
 「マッチ擦るつかのま海に秀ふかし 身捨つるほどの祖国はありや」
 とこの国の在り様を自らに問うていました。

2.人類史の中で現代社会はどの位置にあるのか

2.人類史の中で現代社会はどの位置にあるのか
 現代社会はどのような位置にあるのでしょうか。
 21世紀は人類史上にとっての大転換期だといえます。16世紀、イタリア・ジェノバから始まった資本主義が、500年にわたる活動を終えるのだろうかという時代に僕らは直面しているのです。資本主義とは時代や国によって異なりますが、資本の運動が基本原則となって利潤や剰余価値を得る社会の仕組みです。産業革命を通して近代資本主義は確立しました。
 近代資本主義はことの始まりから「中心」と「周辺」という関係から利潤を生みだしていくシステムでした。富は、利益は「中心」に集中されていきます。英国はインドの綿こ対抗するためにアフリカから奴隷を西インド・アメリカに輸出し原料を手に入れ、国内では地主による耕地、共有地の囲い込みが行われ、土地を失った農民が労働者になり産業革命期に農業人口が激減していきました。ロンドンを中止とした周辺への限りない拡がりが世界を変えていきました。
 日本も同様でした。明治期から大正期にかけて近代資本主義の基盤が整備されます。1890年就労人口比率は1次産業76・1%、2次産業8.9%、3次産業15.0%でしたが、1920年には1次産業53・6%、2次産業20・7%、3次産業25・7%となります。労働人口20数%に当たる人たちが全国各地から都市部に集まっていたと思えます。この傾向が急速に進行するのが戦後の高度経済成長です。中卒の少年たちが全国各地から「金の卵」として工業地帯に集中します。1970年には1次産業19・3%となり、2006年には1次産業4・9%と日本の周辺地域からの労働力が急減し限界集落化していることが数値からわかります。
 しかし、近代資本主義の発展は利潤と市民となった人々が得る報酬が一致する形で伸張していきます。それが国民国家を形成させた一番の要因です。日本における富国強兵も資本主義と人々と国家が一致して「坂の上の雲」を目指した典型例だといえます。また、近代資本主義の発展は市民の間こ中産階層を大量に生み出していくことになります。中産階級の増大は民主主義を形成する必要条件です。戦後日本の高度経済成長は8割を超える国民が中流意識をもつという社会を一時的でしたが生じさせました。
 我が国の戦後レジームは民主主義と資本主義の相互連関により強化されていきました。1945年以降、人を殺すために軍隊を国外に出すことのない稀で輝かしい足跡を人類史に刻みました。
 ところが、資本は一国内における利潤率の自己増殖の困難に出会うことになります。1970年代のアメリカでは実物経済が自国内で成立することが叶わず、資本は「電子・金融空間」として「地理的・物理的空間」を超えるグルーパル化の道を疾走することになります。アメリカのFRB前議長のバーナンキ氏は「犬の尻尾(金融)が頭(実物経済)-を振り回す」と金融資本の実態を譬えました。現在、実体経済を超える140兆ドルが全世界を席巻しています。しかも、グローバル企業は国家を超えて自由に地球上を飛び回る結果、国民国家の枠組みを超えて利潤を求めることになりました。今後、資本主義と国民国家が睦言を交わすことはなくなるでしょう。 

2.人類史の中で現代社会はどの位置にあるのか2

 20世紀は先進国の国民にとって「労働者の黄金時代」でした。名目GDPの増加率と同じだけ雇用者報酬が増え、企業利潤も同率で増加した時代です。国民の中産階層化がすすみ、資本主義と民主主義はセカンドベストとして利害の一致を見いだしていました。しかし、その実態を地球規模でみた場合、2割の先進国が8割の途上国を貧しいままに発展していました。その格差の存在が富の源でもありました。
 ところが、自国内における投資が行き渡ってしまった以降、資本は「周辺」を国外、つまり労働力商品の安い発展途上国に求めました。産業の空洞化です。その結果、近年、新興国が経済力を強めることになり、先進国はどの国をとっても自国内での実物経済の復活、大量生産大量消費、高利潤を得ることは幻影を求めることになりました。
 更に、グローバル化は先進国のバブルとその崩壊を繰り返すなかで、自国内の中産階層を崩壊させ、人々の二極化を拡大させることになりました。自国民のなかでの格差拡大です。近年のアメリカについては、堤未果氏の近著「(株)貧困大国アメリカ」(岩波新書)に株式会社化された社会(コーポラティズム化した国家)が詳しくルポルタージュされています。
 日本はバブル崩壊後、ゼロ金利状態が20年続いてきました。GDPもほぼ一定状態を保ちながらも、企業はこの間利潤率を高めるために資本投資を海外に求めてきました。政治は新自由主義の政策である労働市場の規制緩和をすすめています。その結果、非正規労働者が38%にも達し、年収200万円以下のワーキングプアが1100万人、4人に1人という貧困状況が深まっています。
リーマンショック以降のアメリカをはじめEU諸国は金利ゼロ政策から脱却することができません。金融資本は投資先を新興国・BRICSに求めますが、実物経済を上回る金融資本は必然としてバブルを生じさせることになり、新興国における中産階層の形成や民主主義発展を阻害させることになります。先進国12億の人々の暮らしと同様な暮らしを、58億の新興国の人々が到達することができるのでしょうか。国民国家を超えたグローバル企業はそれぞれの国で富の二極化をすすめます。が、人類が生存可能な未来を展望できるのでしょうか。オイルショック以前、石油は1ガロン2~3ドルでした。現在、1ガロン100ドルを超えています。また、食料は人々の飢えを満たすだけの生産が可能となるのでしょうか。
 資本は「中心」」から「周辺」に向けて、「より速く・より遠くに・合理的」にと利嘩を求めて拡大していきました。が、グローバル化は地上から「周辺」を消失させ、資本が国家を操る事態になっています。しかし、残念ながら「電子・金融空間」を制御する仕組みをもつ世界政府の誕生は非現実的ですし、国連はその機能を持つに至っていません。現実の国々は未来図を描くことなく資本主義の終わりを迎えることになるかもしれません。経済成長のない資本主義は、資本が利潤を得ることのできない事態となります。資本主義の終わりを見据え、新たな思想と社会の仕組みを構築しなければなりません。その一つに「定常化社会」の実現があります。定常化社会とは経済成長を絶対的な目標としなくとも豊かさが実現されていく社会です。

3.知的障害が存在することの意味、価値とは

3.知的障害が存在することの意味、価値とは

 資本主義が求めた「より速く・より遠くに・合理的」に対置する人たちがいます。知的障害をもつ人たちの人間世界です。新幹線ではスピードが物足らないからリニアモーターカーにと速さを伸ばすという「タテへの発展」は、必然として能力の序列性を求めることになります。が、資本主義的価値から無縁であった彼らが無言で提示してきたことは、「ヨコへの発達」という価値の転換でした。
 従来、私たちが捉えていた発達観は能力の高度化でしたが、田中昌人はこのような「タテの発達」があるとすれば、「ヨコへの発達」という視点をもつことによって人間の多様性、豊かさをとらえることができると考えました。オリンピックは人間の限界を求めてより早く・より高く・より遠くへ・・・と、人間という自然の身体機能の高度化でした。しかも序列化を求めて。
 ウサギはカメよりも速くゴールにつくことができるかもしれませんが、カメがゆっくり歩いてきた道のりで見たものを見落としているかもしれません。支援者が子どもに対してできない事ができるようになる事にこだわり、強要する関わりを続けて、その子の可能性を委縮させることは避けなければなりません。今できる事を多様に拡げていく支援が豊かな個性を培い、生きる力を育みます。そのような個性が人と社会との関わりを通して確かなもとなってゆくことを「発達」ととらえる視点が、「ヨコへの発達」という新たな価値提示でした。
 例えば、2、3歳児の知的能力をもつ人たちが20年、30年、40年・‥と生きていくなかで、人と人との関係や交流の多様性を経験し、学びを通して人格の豊かさを形成し成熟させていきます。そのなかで、自分らしい価値ある暮らしをつくる自由度を高め、広げていくことが生きるカになります。「得ることのできない能力」を嘆くのではなく、今ある力でしっかりした人間の土台をつくる事が大切です。知的障害の人たちはこのような世界に生きることを求めています。「定常化社会」とは知的障害のある人たちが真の人間となる社会ではないのかと考えています。
 知的障害者の存在は「タイム・イズ・マネー」という資本主義価値の真逆にあります。資本主義を超える世界の実現は神が所有していた「時間」を人間が手にすることかもしれません。知的障害者とはチャップリンが措いた「モダン・タイムス」にある大量生産・大量消費の社会を超えていく予言的な存在だといえます。私たちの仕事の対象とは、資本主義の終焉の向こう側に価値存在する人たちだといえます。
 知的障害が人間社会に存在することの意味、価値について、このような考えは屁理屈でしょうか。考えることとは私が自分を失うことなく生きることです。その結果、考えること自体を超えることができるとよいかと思っています。自然法爾(じねんほうに)とは人為を加えずに、一切の存在はおのずから真理にかなっているという親鸞晩年の境地です。知的障害のある人たちの境地もこのような世界に通底する一側面をもっています。彼らの美化ではなく、知的障害という現象をどのように考えるかということを話したまでです。
 私たちの仕事は現実社会が抱いている最大矛盾を突破していく営みです。大きな展望をもつ必要があります。知はその偉大な道具となるでしょう。考える職員として成長してください。その環境は準備されています。見い出し、チャレンジするのはあなた方一人ひとりです。期待します。「ゆっくり・より近く・曖昧さ」を吟味してください。頑張らないで頑張ってください。世界は矛盾だらけです。


【参考文献など】
「袴田事件」:袴田事件(はかまだじけん)とは、1966年静岡市で発生した強盗殺人放火事件で死刑が確定していた袴田巌(1936年3月10日生)さんが判決の冤罪を訴え、日本弁護士連合会及び日本ボクシング協会等が支援する再審事件である。今回の第二次再審請求の争点は、犯行時の着衣と認定された「五点の衣類」が袴田さんのものかどうかであった。また、第一審で無罪判決を書いた熊本典道裁判官は、3名の裁判官による多数決の結果有罪判決文を書かされることになった。熊本さんはこれを悔いて裁判官を辞し弁護士となる。が、この事件とも絡み大酒で破滅的な人生を歩くことになった。2007年には合議の秘密を破り、裁判長によって有罪に判決を書かされたと告白した。現在はホームレス状態から生活保護を受給して入院闘病中である。

ロアムネスティ・インターナショナル:国際連合との協議資格をもつ、国際的影響力
  の大きい非政府組織である。国際法に則って、死刑の廃止、人権擁護、難民救
  済など良心の囚人を救済、支援する活動を行っている。和名は「国際人権救援
  機構」。(ウイキペディア引用)
ロ石川啄木「啄木全集第四巻 林中書・時代閉塞の現状」(筑摩書房1967年)
坂の上の雲:司馬遼太郎の小説の題名。明治維新後の日本が目標とした欧米的
  近代国家を「坂の上にたなびく一筋の雲」と喩え、時代の坂を登りつめればその
  雲に手が届くと、人々と国家の希望がともにあった幸福な時代として明治を描  
  いた。
2.人類史の中で・・・は、水野和夫「資本主義の終蔦と時代の危機」(集英社新
  書、2014.03.14出版)を読み、要約とは異なりますが自分なりにまとめたもので
  ある。
「ヨコへの発達」は精神薄弱児施設「近江学園」に勤めたていた田中昌人の発達
  保障論で提起された。発達保障に批判的な言説が反発達である。この両論は全
  国障害者問題研究会と全国障害者解放運動連絡会という相対立する立場から、
  養護学校全員入学と普通の学校へ(インテグレーション)との激しい論争となり対
  立の溝を深めていった。筆者はこの論争がイデオロギー論争となっていく渦中を
  体験した世代である。両論の立場とは異なった位置から、利用者本位の実践を
  積み上げる取組をしてきたつもりでいる。両論の貴重な主張を踏まえながら実践
  してきたつもりだ。
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ