日本知的障害者福祉協会

南部労組・福祉協会第10回団体交渉に参加して

南部労組・福祉協会第10回団体交渉に参加して

6月26日に南部労組・福祉協会の第10回団体交渉にオブザーバー参加しました。
3回目のオブザーバー参加でしたが、日本知的害者福祉協会の姿勢はこれまでとあまり変わりがなく、健全な労使関係を構築しようとする姿勢が見られなかったというのが、私の率直な印象です。

南部労組・福祉協会のブログにこれまでの経緯が書かれているように、労働者代表選出をめぐる協会の姿勢については大いに疑問を抱きました。ちょうど今、東京都知事選挙が控えていますが、福祉協会が実施した労働者代表選出の方法はとても公職選挙では通用しないやり方です。さぽーと編集スタッフのMさんをはじめ南部労組の組合員のみなさんがいくらそれを指摘しても、「職員が選んだやり方だから」と答える福祉協会との間で労使の共通認識が形成されることはありませんでした。誰が組合派で誰が当局派か?管理職が監視する中での挙手選挙は、労働者にとっては踏み絵です。踏み絵の状況では民意が正確に反映されることなど、決してありません。民意を尊重するのならば投票の秘密が守られなければいけません。だから秘密投票は民主的選挙の原則の一つとなっているのです。

私は最後に、福祉協会の機関誌「さぽーと」が知的障害福祉を学ぶために大変役に立つので同僚職員に勧めていることを伝え、これまでも何度も「さぽーと」で取り上げられたディーセントワークを、日本知的障害者福祉協会もしっかり学んでほしいと発言しました。また、民主的選挙の6原則についても発言しました。

日本知的障害者福祉協会こそは福祉事業所の鑑となるような労使関係を構築してほしいと、心から願います。このままでは、どんなに素晴らしい記事が「さぽーと」に載ったとしても、日本知的障害者福祉協会の組織実態とはかけ離れるばかりです。このままでは「さぽーと」の購読数にも影響するのではないでしょうか?協会幹部のみなさん、どうか健全な労使関係構築に尽力してください。

これまで参加した団体交渉
第5回団交 その1 その2
第7回団交 その1 その2

新型コロナウイルス感染拡大に伴う特措法による緊急事態宣言を 口実とした団体交渉の拒否・延期 & 第10回団体交渉の日程決まる

東京南部労働者組合・日本知的障害者福祉協会 BLOG 

ここのところ、本組合掲示板ブログを更新していなかったのは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(以下、特措法と略)による緊急事態宣言(特措法32条)が2020年4月7日に政府により公示されたことと、それに先立ち、2020年3月25に東京都知事から「オーバーシュート(overshoot)」*とか「ロック・ダウン(lock down)」という馴染みのない英語を交えて東京都民に外出自粛要請があったことにより、東京都労働委員会では不当労働行為救済申立・日本知的障害者福祉協会事件の調査が、2020年3月24日(火)の第17回調査**を最後に、4月20日(月)10:30から予定していた第18回調査が中止に、そして、第10回団体交渉の開催を2020年3月18日付で協会に要求していたが、上記の様な情勢を理由に協会がズルズルと日程を延期し、団交開催の見通しも立たず、労使交渉に進展が無かったからである。 * 友人のアメリカ人に聞いても、「意味がわからないし、そんな言葉使ったことがない」と言っていた。手持ちの英英辞書にも当たったが、「感染爆発」的な意味では載っていなかった。せいぜい「通り越す」とか「行き過ぎる」とか。なぜこのような英単語が広まったのかについてはこちらのnote記事に詳しい(中島聡氏「オーバーシュートという和製英語が生まれた理由」)。 ** 水内事業課課長代理の支配介入・不利益取扱いについての和解協定書の調印が主。諸事情により報告記事の掲載を見合わせていたが、後程、この時の和解協定書と調査調書を公開し、報告記事を本ブログにUPする。 東京都労働委員会からの次回期日の日程調整の連絡が無いのも問題だが、それはまた別の機会に論ずるとして、本日6月12日(金)、やっと第10回団体交渉の日程が決まったが(なんだかんだと理由を付けて引き延ばされる可能性は0ゼロではないが)、この間、ズルズルと協会に団交拒否・日程を延期された経緯を記しておこう。続きを読む →

[職場闘争]第9回団交の労使合意を無視した労働者代表選出 〜派遣労働者の受け入れ延長に伴う労働者の意見聴取について〜

東京南部労働者組合・日本知的障害者福祉協会 BLOG

2020年3月12日(木)、派遣会社から3年を超えて派遣労働者を受け入れるか、延長の可否を問う、労働者代表の意見聴取の為の労働者代表選出が突然行われた。労働条件・待遇に関わることは前回の第9回団体交渉でも時間的余裕をもってやるように要求したばかりなのにだ。
さらに問題なのは、前回団交で民主的な選挙で代表選出を行うよう、組合と協議するようにということを労使合意したばかりなのに、協会は労働者代表を選出する前にどういう選出方法がいいのかアンケートを行うと突然発表し、職員に挙手がいいか、違う方法がいいかどちらかを選べという事前アンケート(○×式の投票)を強行した。これも第9回団交で、協会提案のその思惑が不純な動機に拠るもので、組合としては到底受け入れ難いことを述べたばかりだ。

わざわざ、紙のアンケート用紙に「A 挙手」「B その他」*と記載した用紙を集まった職員に配布し、どちらかに○を付けろと。集まった職員からはこれ「記名するの?」と、配布した古屋・三浦の各課長からは「いや、○付けるだけでいいから」「筆跡でわかるじゃん」とおちゃらけて笑っている者も出てくる始末。あ〜ぁ、第9回団交で下衆な勘ぐりをするのは管理職だけではないのかと頭が痛くなったが、回収も態々、投票箱代用の段ボール箱をその場に居る職員に“空”であることを示すと言う、手品師宛らのくだらないパフォーマンスを演じてから回収した。

* アンケート用紙には「B」に( )で、投票とかナントカと書かれていたが、忘れた。そもそも、アンケートを取ること自体、投票と同じなんだから、2段階方式にする意味が不明である。こういうところに頭が回らないのは単にアレなのか、わざと(準)管理職監視の下、挙手させて威圧しようという思惑なのか、たぶん両方だろう(こちらとこちらの過去記事参照)。続きを読む →

[職場闘争]第9回団交を受けて3月の職員会議で末吉が職員に「お詫び」〜しかし、組合からの指摘事項については一切触れず〜

東京南部労働者組合・日本知的障害者福祉協会 BLOG

2020年3月2日(月)10:40から、月例の職員会議(協会では「事務局調整会議」と呼ぶ)が行われた。
各課の報告事項を各職員が発表するという、いつもながらの進行であったが、最後に総務課から、「何だこれは?」という理解し辛い、変な図表が配布された。よく理解できないものではあったが、2月7日の第9回団体交渉を受けたものであることは何となく解った。
これに基づいて、事務局長の末吉が概略こう宣った。

「私の方から、就業規則と給与規程について、お詫びと今後の取り扱いについて修正をしたいと思います。就業規則と給与規程について運用上に問題がないか、社会保険労務士と弁護士に確認しました。実は2点ほど問題があると指摘を受けて、実は日々の残業についてと土日の出勤の取り扱いと。残業代の方は法定労働時間8時間を超えた場合、25%の残業代を支払っていたのですけれども、本会の給与規程については正規の労働時間を超えた場合について残業代を支払うとなっているので、終業時間から30分を超えた場合についても残業代を支給べきとのことで、30分の分についても、過去2年に遡り割増賃金を支払うということにしました。土日の休日出勤についてですが、振替によって4週4休は守られていますが、振替の取り方によっては、週40時間の法定労働時間を超えてしまう場合がありますので、それについても超えた部分については125%の割増賃金を支払うべきだとの指摘で、なるべく前の方で振替を行うということで、過去2年に遡り割増賃金を支払うということにしました。」

おいおい、2016年の三六協定の時と同じで、我が組合から指摘されて発覚したことには一切触れず、またしても社労士と弁護士かよ!いい加減にしろよ!と怒り呆れた。続きを読む →

[職場闘争]第9回団交報告 part 3 〜新三六協定の他の問題点 /労働者代表選出方法について〜

東京南部労働者組合・日本知的障害者福祉協会 BLOG

時間外労働を行うことができる労働者数について
三六協定届には「時間外労働をさせる必要のある具体的事由」とその「労働者数」を記入する欄がある。昨年の三六協定から事務局の人員体制が若干変わっているにも拘らず、今回の三六協定の記入欄には昨年と全く同じ事由・人数が記入してあった。これには疑問を感じたので、例えば「会議・研修会にかかる作業」に「12名」とある。しかし、2019年12月現在、協会職員は管理職や契約職員、再雇用職員、臨時職員含めて全職員数14名しかいない。そこで、具体的に名前を挙げて、誰が含まれるのか示して欲しいと尋ねた。
古屋・三浦各課長は職員個々の名前を読み上げたが、11名しかいない。しかも、その名前を挙げた人員には就業規則上時間外労働ができない職員数名も含まれていたので、時間外労働を命ずることができる職員全員の実際の人数は9人だ。本三六協定を作成する際に協会は「複数の目で確認している」と言っていたが、実態はこんな有様である。 続きを読む →
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ