沖縄問題

11.2 辺野古新基地建設の強行を許さない! 防衛省抗議・申し入れ行動

辺野古新基地建設の強行を許さない!
防衛省抗議・申し入れ行動
抗議・要請文持参OKです。

日 時:2020年11月2日(月)18:30~19:30
場 所:防衛省前
    JR・地下鉄「市ケ谷」「四ツ谷」駅7分
主 催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会
連絡先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)

10.25 学習会「沖縄振興特別措置法とは」

学習会「沖縄振興特別措置法とは」

 金(経済)で沖縄を操ろうとする日本政府(菅政権)・沖縄振興特別措置法とは?
・内閣府の2021年度沖縄関係予算の概算要求:3106億円
 特徴
 ①前年比84億円の減額
 ②沖縄振興一括交付金は前年の要求額を103億円減の1085億円、要求額としては過去最低。辺野古
 NOの県政が誕生して以降、とりわけ自由度の高い一括交付金の減額が顕著になった。
 ③沖縄振興特定事業推進費(県を通さず国が直接市町村などに交付、19年度に30億円が初めて設けら
 れた。)20年度は55億円⇒概算要求通り、21年度は85億円(30億円増額)を要求。
 ④21年度は現在の沖縄振興特別措置法の最終年度となる。
・沖縄関連予算を時の政権の匙加減によって、県政と市町村の関係を分断する道具に使い「基地か経済
 か」の二者択一を迫り、「アメとムチ」を使って沖縄を操り、自治をないがしろにしている。
 「沖縄の自治は神話」と言い放ったキャラウエ高等弁務官の米軍統治下の軍事植民地の再来を思い起
 こさずにはいられまい。日本政府の沖縄政策の根幹にある沖縄振興特別措置法の経緯・矛盾点などを
 改めて紐解き、菅政権の沖縄対策の “ネライ” を学習することを通して、これからの活動に活かしてい
 きたいと思います。
 多くのみなさんの参加を!

学習会「沖縄振興特別措置法とは」
日 時:10月25日(日)14:00~
場 所:神田公園区民館 4階 洋室A 〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-2
  JR・東京メトロ銀座線「神田駅」から徒歩5分  東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」から徒歩5分
  都営新宿線「小川町駅」から徒歩5分  地図→https://tinyurl.com/yym96ctp
講 師:知念政尚さん(琉球新報)
主 催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
連絡先:090-3910-4140

第11期沖縄意見広告運動 今秋11月に特別抗告を実施いたします

沖縄意見1
沖縄意見2

辺野古に新基地つくらせない 意見書を届けよう

9.8~28 意見1
9.8~28 意見2

全国から沖縄県に「意見書」集中を!提出期間は9月28日まで

118993068_887411662050846_8287980452908750658_o
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ