憲法問題

7.18 第145回市民憲法講座「安倍首相が企てる国家安保戦略の改定と自衛隊」

7.18 半田

7.15 安倍9条改憲NO!全国緊急署名街頭宣伝

7.15 辺野古

延期になりました 九条の会東京連絡会6.15大集会

6.159条

声明 今こそ問う安保・沖縄・天皇」4.28-29連続行動実行委員会

無題

「代替わりに」に露出した「天皇神話」を撃つ! 2.11反「紀元節」行動

2.11代替わり
「代替わりに」に露出した「天皇神話」を撃つ!
2.11反「紀元節」行動

講師の小倉利丸さんは、非合理的世界観にもとづく天皇制を支えているのは私たちの祖先崇拝や墓参などの非合理的な行動であり、それはお祭りなどの形で私たちの日常生活に深く浸透していると言います。その主張自体は、「神祇不拝」「国王不礼」の浄土真宗(特に靖国問題に取り組む人たちの中で)でも、日本人の習俗の問題として鋭く指摘されてきました。死者を弔うのは自然な感情であり宗教ではないといった主張が、靖国神社や護国神社を擁護する人たちになされてきたからです。

国民統合の象徴として憲法に規定されている天皇は、憲法の外側にある国家神道や万世一系という宗教的な権威によって、国民統合者として振る舞おうとします。天皇が日本国の単なる記号ではなく国民統合の象徴として行動する限り、天皇は憲法を逸脱し続けることになります。
近代的な民主的諸原理と前近代的身分制度という日本国憲法に存在する明確な矛盾だけではなく、天皇が立憲主義を否定する仕組みが日本国憲法自体に内在していることが、小倉さんのお話で分かりました。天皇は憲法を逸脱するな!安倍政権は天皇を政治利用するな!と主張するだけではダメだということがあらためて分かった集会でした。(林)
P2110005

P2110008
今回はデモ最後尾ではなくても機動隊の介入が目立ちました。
P2110009
違法なビデオ撮影は相変わらず。
P2110017
まるで痴漢のようにデモ参加者に密着する機動隊。
「反天皇制以外のデモでもこんなことするの?デモ妨害になるよ?」と隣の機動隊員に話しかけると、
私の写真撮影を気にしていた隊員は、前の隊員に合図してデモ参加者への露骨な介入をやめさせようとしました。
デモ介入への対策は、参加者みんなでその実態を撮影すれば効果的かもしれません。
P2110034
表現の自由などまるで無視!英雄気取りで突っ込んでくるガラの悪い人も相変わらず。
P2110038
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ