お知らせ

「抗議書(2020年6月18日付)に関する回答

「抗議書(2020年6月18日付)に関する回答

7月6日本日、法人から抗議書の回答を受け取りました。
法人は回答2で、働き方改革に伴う就業規則変更についてしか触れていません。
組合は「労働協約は就業規則よりも上位に位置します。第36回団体交渉労使合意である西多摩事業部の契約職員へのソウェルクラブの加入希望の聞き取りと希望者の加入手続きは、働き方改革関連法施行にともなう就業規則変更作業の進捗状況に関わりなく、法人が責任をもって履行しなければいけません。速やかに以下の要求に応じるよう、重ねて法人に要求します。」と労使合意履行を求めていました。

回答は本吉究東京事業本部長名。歴代の本部長同様、本吉本部長も読解力が欠如しているのか、あるいは意図的に論点をずらしているのか。後者なら極めて悪質であり、管理者としての資質に疑いを抱かざるをえません。同愛会の管理者資格はこれで満たしているかもしれませんが・・・。だとするとあまりに悲惨な法人です。
(ゆにおん同愛会 執行委員長 林武文)
6月020

組合の「抗議書への回答要求、ならびに労使合意履行要求」

6月010





6月労使懇談会の報告

6月23日の労使懇談会の報告です。

●緊急事態宣言解除ロードマップと嘱託医とのすり合わせについて
●看護師募集について
●労働安全衛生委員会の運営改善について
「新規入所者は2週間の隔離対応」とした嘱託医と話し合って、通常業務再開に向けての園の方針についてのすり合わせる必要があることを確認しました。http://nkl3.livedoor.blog/archives/6290562.html

その他、棟の管理運営状況について意見交換を行いました。
6月は社労士の就業規則変更作業の進捗状況が遅滞なく組合に伝達されました。
今後も社労士からの提示があり次第、すぐに組合に知らせるように伝えました。

6月労使懇談会

6月労使懇談会

6月の労使懇談会は23日(火)です。ZOOMではなくリアル懇談会です。

抗議書への回答要求、ならびに労使合意履行要求

6月010

5月労使懇談会報告

5月労使懇談会報告
5月は初めてのZOOM懇談会でした。

1.働き方改革にともなう日の出福祉園就業規則変更について
同一労働同一賃金原則が義務付けられた働き方改革ですが、この4月に法が施行されているにも関わらず、同愛会東京事業本部の就業規則改定はなされていません。コロナ自粛で組合との協議も中断していましたが、6月9日に社労士が来園し打ち合わせの予定だとのこと。組合は打ち合わせそのものには参加できないが、結果を速やかに組合に伝えるよう伊倉施設長に伝えました。

2.コロナ対策
東京事務センターコロナ対策本部の動きが現場に全く見えないことから、日の出福祉園の実質的な対策を担っている労働安全衛委員会や医務、東棟管理者、事業管理者の動きを日の出福祉園の対策本部として明確化して職員に示すべきではないかと伝えました。第2波への準備の必要性について労使間で一致しています。
※その後法人本部が防護服1000着を発注したことが施設長より伝えられました。(どのような防護服か、その他の備品、設備はどうか確認する必要があります。)

3.暮らし変えの中間総括
運営面の振り返りを行わないとやりっぱなしの支援はあり得ないと伝え、ハード面だけでなくソフト面(運営面)の総括の必要性について労使間で一致しました。

4.その他 以下について要請しました。
①アスベストの新たな検出については園内メールで開催されている労働安全衛生委員会に報告すべき。
②寮解体に伴う家賃補助について、入寮者に進捗状況を伝えてほしい。
③登用試験問題がまだ開示されていないので開示してほしい。
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ