原発問題関連

4.25 シネマ&トーク「終わりなき福島原発事故被害」

シネマ&トーク
「終わりなき福島原発事故被害」

福島原発事故から10年。オリンピックとか「復興」とかの陰で見えなくされている福島原発事故の現状を可視化するために「ふくしまミエルカプロジェクト」が活動しています。
 復興に隠された真実に迫るシネマ&トークのご案内です。

日時:4月25日(日)13:30開場 14:00開会
場所:エポックなかはら(7F)大会議室 JR南武線「武蔵中原」から連絡通路
で直結(渋谷から30分 東急で武蔵小杉で乗り換えて1駅目)
内容:DVD上映「終わりのない原子力災害〜3.11東日本大震災から10年」
   トーク 満田夏花(みつたかんな)さん FoE Japan理事 事務局長
資料代:500円
予約・連絡先 090-2209-9730 瀬川 080-3494-2411 木瀬
原発事故によって、避難、帰還、居住継続している人々が今、どう感じているのか、現状はどうなっているのか、インタビュー映像をまとめたのが、DVD「終わりのない原子力災害」です。
 フクシマ事故の風化をさせない、脱原発を願って製作された映像です。
 当事者の切実な声に、ぜひ、耳を傾けてください。

4.24 チェルノブイリ35年・福島10年 救援イベント「チェルノブイリから福島」原発災害をどう記憶し、心に残し、震災後をどう生きるか

チェルノブイリ35年・福島10年 救援イベント
「チェルノブイリから福島」
原発災害をどう記憶し、心に残し、震災後をどう生きるか

 2011年2月にチェルノブイリを取材し、東日本大震災の福島第一原発事故の直後から現地入りし、現在も原発事故被害の取材を続ける豊田さんにお話しいただきます。
 原発事故の報道は減りましたが、放射能汚染は次の世代に、その次の世代に、さらに次の世代にまで続きます。
 しかし、初め「復興五輪」と言われていたオリンピックが、今は「コロナに打ち勝った証しに」と言い換えられ、原発事故も、その被害も、まるで終わったことのようにされています。
 原発事故による被害とともに、コロナ禍でさらに困難な状況にあるチェルノブイリと福島の子どもたちへの支援を呼び掛けるために、この講演会を開催します。

◆日 時:2021年4月24日(土)13:00~15:00
◆会 場:Zoomによるオンライン開催
◆定 員:200名
◆申込み:下記ページの「登録フォーム」から
 https://sites.google.com/view/palsystem-tokyo/fukushima
※ご記入された個人情報等は以下の目的にのみ利用します。
 ・イベント参加申し込みに関する情報をお送りするため
 ・入力内容結果の送付のため
 その他、個人情報の取り扱いについては当組合の個人情報保護方針に準拠します。
◆申込締切:4月24日(土)9:00
※申込時記載のメールアドレスにZoomミーティングのURLと詳細が届きます。
◆参加費:無料
【主催】チェルノブイリ子ども基金 未来の福島こども基金
【後援】生活協同組合パルシステム東京
■お問い合わせ:生活協同組合パルシステム東京 政策推進課
        paltokyo-seisaku@pal.or.jp

豊田直巳(とよだ なおみ)さん
 フォトジャーナリスト。
 ドキュメンタリー映画監督・制作。
 JVJA(日本ビジュアルジャーナリスト協会)会員。
 平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞(2003年)。
 *写真集、著書:『百年後を生きる子どもたちへ』(農文協)、『福島 原発震災のまち』(岩波書店)、『それでも「ふるさと」全三巻』(農文協)(第66回参詣児童出版文化賞を受賞)、他多数。
 *映画:『サマショール 遺言 第六章』(2021年2月より全国劇場にて順次公開)

4.18 「デブリ取り出しは可能なのか?」 原発事故で背負った人類の宿題

第180回落合・中井九条のつどい
「デブリ取り出しは可能なのか?」
原発事故で背負った人類の宿題

と き:4月18日(日) 14時~16時
場 所:落合第一地域センター 3階 第一集会室AB
    〒161-0033 東京都新宿区下落合4-6-7
    西武新宿線「下落合駅」から徒歩5分
    地図→https://tinyurl.com/74tv2c4m
内 容:倉澤治雄さん(Bee Media代表)講演(2019.8.17)のDVD視聴
主 催:落合・中井九条の会
連絡先:(木村隆)電話・FAX:3951-0573

4.17 上関どうするネットオンライントーク 「祝島小学校再開!おめでとう 海上ボーリング調査再開はお断り」

上関どうするネットオンライントーク
「祝島小学校再開!おめでとう 海上ボーリング調査再開はお断り」

 昨年12月、中国電力は2020年度の海上ボーリング調査を中止すると発表しました。
 その後の祝島の様子をオンラインで結び、島の皆さんにお話しいただきます。
 祝島では、この4月に待望の祝島小学校が再開されます!
 5年ぶりの開校について、皆さんの喜びの声を聞かせていただきます。
 そして、春はひじき刈りの季節、特産のひじきの刈り取り、作る様子の動画をお届します。
 また、昨年11月の上関大橋損傷のその後の復旧状況も伺います。

 配信URLは決まり次第、ご案内します。
 また、上関どうするネットのブログ、Facebook、twitterでもお知らせします。
 どうぞご覧ください。

日時:4月17日(土)14:00~15:00
形式:オンライン(YouTube)
出演:祝島の皆さん
進行:上関どうするネット 菅波完、柳井克子
主催:上関原発どうするの?~瀬戸内の自然を守るために~
  (略称:上関どうするネット)   http://kaminoseki.blogspot.com/
   連絡先メールアドレス: dousuru_net@mail.goo.ne.jp

4.16 被ばく労働を考えるネットワーク 4・16春闘行動・報告集会

4.16 被爆
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ