社会の日記

"Stand with Hang Kong" 「#FreeAgnes」に賛同したあなたに知ってほしいこと ~「弾圧」は日本でも起きている

日本・韓国・台湾をオンラインで結んで 〜第15回「ヤスクニキャンドル行動」開かれる

レイバーネットHPより

 第15回となる「2020 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」。今年はコロナ禍により、規模を縮小してオンラインでの集会として「コロナ、オリンピックとヤスクニ」をテーマに、8月8日午後2時から、東京・水道橋の在日本韓国YMCAの9階国際ホールで開催されました。例年は韓国や台湾から青年学生、遺族、靖国神社での合祀に反対する人々などの参加で熱く行われていましたが、今年は来日できず、韓国、台湾とオンラインで結んでの集会となりました。・・・・・

在日米軍コロナ感染者数 政府把握 公表せず 米政府方針に追随

110336341_3134915439922867_6746904571837305058_n

高校生ビラまき弾圧事件に関する記事

高校生ビラまき弾圧事件に関する記事
レイバーネットHP

東京で、公道でビラまきをしていた高校生が不当逮捕された。
 彼を支援する仲間たちが出した『校民日報』(1号、2020年7月15日発行)によると、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  7月8日の朝、目黒区立第九中学校の近くで小山台高校の水泳授業のあり方を批判し、生徒の権利を訴えるビラを配っていた現役高校生Iさんが第九中学校の高橋秀一副校長に「公務執行妨害」の嫌疑で逮捕され、警察に連行されたのだ。・・7月7日から目黒区立第九中学校付近でビラをまいていたIさんは7日のビラまきの際も、高橋副校長にビラをまくことを執拗に妨害されていた。
これを踏まえ、8日のビラまきでは学校から離れた場所でビラをまいていた。しかし高橋副校長はわざわざIさんのもとに来て、ビラ配布をやめるよう妨害を行った。
あまりにひどいため、Iさんが表現弾圧の証拠として撮影しようとしたところ、高橋副校長が怒鳴りながらIさんにぶつかってきたのだった。しかもなんとぶつかってきた高橋副校長は、Iさんに殴打されたと主張。警察を呼び、Iさんを不当逮捕させたのだ。こんなめちゃくちゃな話があるのだろうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ということである。

Iさんはその後、10日間の起訴前勾留となった。・・・・

高校生にはビラをまく自由もないのか! 〜7.17「勾留理由開示公判」ドキュメント

レイバーネットHP

 「公道上でビラまきがいけないのか」「ビラまき、表現の自由はないのか」「子どもに意見表明権はないのか」。7月17日、東京地裁前で高校生グループ「日本自治委員会」のメンバーはマイクで強く訴えた。この日午後1時半より、学校外の公道でビラをまいていただけで逮捕・勾留されている現役高校生I君の「勾留理由開示公判」が開かれた。

 I君は、7月8日にブラック学校を批判するビラを東京・目黒区立9中付近で撒いていた。それを目黒9中の高橋副校長がとがめ、ビラまきを妨害した。妨害がひどかったためI君がそれをスマホで撮影したところ、副校長が怒鳴りながらI君にぶつかってきた。ところが副校長は逆にI君に殴打されたとして、その場で「私人逮捕」し、警察に引き渡したのだった。罪名は「公務執行妨害罪」。スマホがあたったとしているが、副校長には何一つケガはない。救援会メンバーは裁判所前集会で「こんな“私人逮捕”が乱発されたら大変なことになる。ビラまきひとつできなくなる。絶対に許してはならない」とアピールした。

 今週はじめにネットにこのニュースが流れると、「あまりにひどい話だ」ということで瞬く間に関心が広がっていった。そのせいか、この日の公判には15人の傍聴席に対して48人が集まった。メディア関係者も多かった。

 もともと事件は軽微で、管轄は強行犯係扱いだったのが、この日は公安扱いに「格上げ」されていた。指定された法廷は、軍事法廷なみの「429号警備法廷」。裁判所が「凶悪事件・過激派事件」用につくった法廷で、空港並みの金属探知機での身体・所持品検査、 さらに傍聴席に入る際に再度厳重な所持品検査と全身の身体検査が行われる。初めての傍聴者は「これが日本の国で起きていることか」と驚きを隠せなかった。    

 またいっぽう裁判所前には、10数人の公安警察が監視を続けていた(写真上)。声を上げる高校生を国家権力はなぜに恐れるのだろうか。応援に駆け付けた多くは「日の丸・君が代」の強制に反対してきた元高校の教員メンバーだったが、先生と生徒がタッグをくんで「教育の自由」「表現の自由」を求めることが目障りなのだろうか。それにしても、やりすぎとしか思えなかった。

 記者は傍聴抽選に当たらず、公判の間は同じ4階のフロアーで待機していたが、しばらくすると強制退廷者が出されてきた。事情はこうだった。公判は約1時間行われた。弁護団が勾留理由の説明を10数項目にわたって「求釈明」したが、裁判長は何を聞いても「答えられない」「答えられない」を繰り返した。勾留理由が開示されないのだ。一番前で傍聴していた若者が思わず「ふざけるな!」と声を上げると「退廷命令」が出た。するとあっというまに20〜30人の警備職員が現れ、若者は担ぎあげて外に連れ出されてしまったのだ。傍聴していたある年配者は「あんな回答だったら怒るのはあたりまえ」と語っていた。

 公判後、弁護士会館ロビーで簡単の報告会があった。弁護団がI君からとして「みんなの顔がみえてとてもうれしかった。ありがとう」と伝言すると、「よかった、よかった」の声と大きな拍手が起きた。(M)
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ