仕事の日記

新型コロナウィルスが露呈したもの

新型コロナウィルスが露呈したもの

政権与党が具体的で迅速な行動ができず抽象的な掛け声に終始。基礎データの軽視。公文書廃棄、改ざん、捏造。隠蔽。関与した当事者の自死。露骨な論功行賞。権力集団の利権化と周囲の忖度。意思決定プロセスの非開示。根拠にもとづかない思いつき政策。総括なき方針。前例主義や変えられないルール。責任転嫁と開き直り・・・。

労働安全衛生委員会議事録改ざん、不開示で青梅労基署からの指導。「支援のドラマ」「東京一幸せなるよりどころ」といった抽象的キャッチコピー。運営上の問題点と改善策の具体的提示なし。東京事業本部長、施設長が突然姿を消し職員に何の説明もないまま後任が就任。職員のメンタル不調と休業。労使合意不履行とノンコンプライアンス、職員研修の減少、事業計画、予算説明会の消滅・・・。

新型コロナウィルス感染症流行のはるか以前から、日の出福祉園は極端な人手不足だった。利用者の原因不明のケガ、骨折が相次いでいたが、法人は新棟建替えに伴う一人夜勤体制を実施。生活介護優先の勤務体制、人員配置は、施設入所支援をおろそかにした。食事、睡眠、排泄という人間の生活の基本に対する支援が、日中活動支援よりも低い次元のものとして位置づけられた。おのずと体調不良者への支援がままならなくなる。てんかん発作重積で救急搬送された利用者の情報が当該棟の夜勤スタッフに引き継がれない、インフルエンザの流行時に発熱しても隔離対応ができない、依然続発する原因不明のケガ・・・。この間、医務スタッフは警鐘を鳴らし続けていたが、法人の組織的な中間総括はなされなかった。精神障害医療保健福祉分野では、当事者の住む場所も日中活動も人間関係も一挙に変化させるようなケースワークはありえない。「暮らし変え」の主語は誰か?行為主体は支援者側であるという事実が、利用者主体の言葉で粉飾される。支援関係における主語と述語の転倒。そこに法人がどれだけ自覚的であったか?利用者の環境変化の大きい期間にわずか1回だけ開催されたリスクマネジメント委員会では、利用者の健康・安全管理は議題とならず。何より、新棟では現場の棟スタッフが参加する会議が消滅した。リーダー層の決定事項が降りてくるだけで、現場の支援スタッフが目の前の利用者について話し合う機会が無い。こんな支援現場がいったいどこにあるだろうか?ケース会議のない対人援助など、同愛会以外、どこに存在するのか?組織の風通しなど問題にならない、まさに密室空間である。

こんなことではノロウィルスや疥癬が出たらとても対応できないと医務が棟に伝えていた矢先の、新型コロナウィルス感染症である。いまや、ケース会議どころではなくなった。日常的な安全管理、感染管理ができていないなかでコロナ対策に直面せざるをえない状況は、マイナス地点からのスタートであった。ウィルスがそれを一挙にプラスに変えるはずもなく、現在でも組織運営の基調は変わらない。それどころか、医務不要論さえ運営会議周辺から聞こえてくる有様。与えられた命題に忠実で、上司に忖度せず論理的に思考し自主的に発言する訓練を積んでこなかった職員集団の組織風土は、未知のウィルスのパンデミックに直面してもなお、他人事のような空気を漂わせている。自分が障害当事者であったなら、こんなところで暮らしたいか?

 パンデミックという非常事態の対応に求められているのは、平常時の労働安全衛生活動と常識的な組織運営である。労働安全衛生委員会が機能し労働安全衛生活動を積み重ねてきた日の出福祉園でも、中間リーダー層の労働安全衛生活動の理解は道半ばである。その上、振り返りのないやりっ放しの支援を非常識だと考えない組織運営が続けば、コロナ禍からは逃れられないだろう。新型コロナウィルスは人に感染症をもたらすだけでなく、組織の病理もまた、つまびらかにする。
(日の出福祉園労働者代表 医務 林武文)

兵隊さん、ありがとう!

兵隊さん、ありがとう!

「ありがとう!」、「ありがとうございます!」、「感謝申し上げます!」
次々と感謝の言葉を述べる芸能人や著名人のリレーメッセージ。フライデーオベーションという名の医療・介護従事者への感謝の拍手がテレビで流れている。

見ていて、途中から本当に吐き気がしてきた。新型コロナウィルス感染症の流行以前から極限的な人手不足が続いていた福祉施設では多くの職員が将来展望を持てなかったり、心身を壊したりして職を離れ、さらなる人手不足に陥っていた。慢性的人手不足は、職員による利用者虐待や原因不明の事故の最大の原因となっている。日の出福祉園も同様である。同愛会への経営移譲後の離職率は、都立施設時代とは比較にならないくらい多いだろう。

このコロナ騒ぎの以前、介護・福祉・医療業界の人手不足に、芸能人や著名人たちはどれだけ関心を寄せていたのか?PCR検査体制の不備で明らかになったのは、この27年で保健所が半減した貧弱な地域保健体制。医療、保健、福祉分野では、労働者は官民問わず人手不足の中であえいできた。私たちへの感謝の言葉や拍手などいらない。まずもって、社会保障を削減してきた国の政治に批判の矢を向けるべき。これほど国の無策が明らかになっているのに、主権者として国に怒らず働く者に頑張れ!とは偽善の極み、無責任の極みである。

これは、戦時中と同じ構図ではないか?国の戦争政策を批判する者を非国民と排撃し、戦地に赴く兵士を讃える構図。戦死して靖国に祀られると名誉の死。新型コロナウィルス感染症との戦いで殉死した医療従事者の追悼碑が建立されるような世は、絶対に阻止しなければいけない。(林)

トランプ大統領を見て植松被告が感じたこと

47NEWS
BB11c9EV
自分の頭で考えているようで、世の中の空気に大きく影響されているのが人間です。世界的な排外主義の高まりは、植松被告の行動と決して無関係ではありません。
社会福祉を担う法人が日本社会でも高まる排外主義、ヘイトクライムに言及せず津久井やまゆり園事件を語るならば、社会の見方が一面的で歪んでいると言えます。かながわ共同会の津久井やまゆり園の利用者支援のあり方だけを問題にする同愛会の姿勢は、事件を矮小化し、事件が私たちに問いかけた本質的な問題に向き合うことを遠ざけるものです。

かながわ共同会や津久井やまゆり園の利用者処遇のあり方が変われば、二度とこのような事件は起きないのでしょうか?もちろん、かながわ共同会、津久井やまゆり園の施設運営は検証されなければいけません。職員採用や職員研修・育成のあり方、職員の労働条件や労務管理のあり方等々が問われています。厚労省の再発防止検討チームの答申のような措置入院や夜間の防犯対策が問題なのではありません。そして、職員研修・育成のあり方は社会福祉法人同愛会こそ問われています

東京事業本部では、昨年数年ぶりに全員参加の職員研修が復活しました。管理職に選ばれし者だけが参加できる研修が続いたことで、組合は2017年から2018年に計4回もの公開質問状を提出しましたが、法人は不誠実な回答に終始しました。ついに組合は2018年8月に東京都福祉保健局に相談と行政指導の依頼に行ったのです。http://nkl3.livedoor.blog/archives/462813.html
現在も日の出福祉園では、新人職員、それも初めて福祉現場で働く中途採用の職員に基本的な介護技術や摂食介助などの研修が何年間も実施されていません。

高山和彦理事長!かながわ共同会、津久井やまゆり園の運営を問い直すということは、自らの施設運営のあり方を問い直すことではありませんか?   (林)

関連記事:http://nkl3.livedoor.blog/archives/5626537.html

津久井やまゆり園事件と同愛会

津久井やまゆり園事件と同愛会

201302101802580
201302101805130生活保護不正受給という虚偽報道と受給者バッシング、「良い韓国人も 悪い韓国人も どちらも殺せ」と掲げる排外デモ、朝鮮学校襲撃、朝鮮高校無償化排除、人工透析糖尿病患者を殺せという元TVアナウンサーの発言、現職国会議員の「生産性」発言、川崎市の韓国人虐殺宣言年賀状、横浜の中華料理店へのコロナ肺炎流行での中国人中傷の手紙、加計学園推薦入試の韓国人差別・・・。政権与党に連なる政治家を筆頭に、官民挙げてのヘイトスピーチに溢れる日本で、津久井やまゆり園事件は重い障害のある人間は生きるに値しないという、起こるべくして起こったヘイトクライムである。

ダウンロード (1)d82f84c5-s安倍首相に手紙を書いた植松被告は、国家権力に認められたくて、褒められたくて犯行に及んだ。その意味を考えずに、植松被告の犯行の原因を津久井やまゆり園の利用者支援のあり方に限定して考えるのは、事件に向き合うことになるのだろうか?「入所施設のあり方、津久井やまゆり園の支援のあり方を問わずに、T4作戦だとか優生思想だとか言っても無意味だ」と職員に伝える同愛会。心神喪失者医療観察法、病棟転換型居住系施設問題、精神保健福祉法改悪等々、これまで精神保健福祉医療の問題に何ひとつ公式にコミットしたことはないにもかかわらず、「日本初のバザーリア条例をめざす」と宣う同愛会。

ダウンロード同愛会が津久井やまゆり園の元利用者を仲間に受入れ、彼ら彼女らの人間らしい生活のために努力していることは事実。しかし、同愛会は、事件にコメント一つ発表せず現地視察も行わなかった安倍首相のあり方や、厚労省の再発防止検討チームの最終答申を問題にすることはなく、障害種別を越えた障害者運動に加わって国を変える動きにも参加しない。法人は「運動論の違いだ」と語るが、これは運動論ではなく、根本的な考え方の違いではないか?残念ながら、同愛会の考え方と行動は、真に津久井やまゆり園事件に向き合っているとは思えない。むしろ、事件が私たちひとりひとりに投げかけた問題を矮小化、隠蔽するものではないだろうか?(林)

情報開示について

情報開示について

5月9日、1日と2日にわたって開催された話し合いの資料が開示され、今後積極的に情報開示していく事が日の出福祉園の園内メールで告知されました。
医務スタッフは話し合いの場で上映された動画の開示も管理者に求めています。

情報開示は法人の運営姿勢の問題ですが、同時に私たち現場職員の働く姿勢の問題でもあります。法人の説明責任を指摘して職員への情報開示を求めるのは、私たち現場職員の職責です。上から言われたことだけをやり、上司や管理者にモノ言わぬ姿勢は日の出福祉園の職場状況を悪くします。私たち職員は積極的に状況に関与していきましょう。


プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ