さぽーと11月号オンライン座談会
「知的障害のある方の尊厳を守る
ー日本知的障害者福祉協会としての取り組みー」

優性思想と現代(4)強制不妊手術から考える
さぽーと 2020年11月号 
日本知的障害者福祉協会

11月号は重要なテーマが特集されています。タイトルには「人権」ではなく「尊厳」「尊厳」の方が根源的な表現のような印象もありますが、障害者権利条約の理解促進や人権保障の具体的な制度づくりの必要性を考える立場からすれば、違和感があるかもしれません。とはいえ、座談会では知的障害福祉現場の虐待事件や権利擁護のあり方が熱心に議論されています。サビ管や管理職の研修のあり方や事例の大切さが語られ、研修や事例検討の機会が大きく減少した日の出福祉園には大いに参考になる内容です。

しかし、議論の中身は福祉施設を対象にした対策が中心で、福祉施設で虐待事件や権利侵害が繰り返される原因を社会的文脈で考察する視点はほぼありません。現場の疲弊が語られても、なぜそうなのか社会情勢の分析もありません。知的障害福祉分野に限らず、コロナ感染症以前から福祉現場は人手不足、研修不足、職員の疲弊による退職、利用者虐待が続いていました。国への政策提言が語られても、「この仕事の価値をいかに上げていくか」と抽象的な言葉に終わるのであれば、結局は何も言っていないに等しいのではないでしょうか。政策委員会で権利を守るための具体的提案を現場から行えばよいという発言もありますが、障害者政策委員から知的障害当事者、精神障害当事者がいなくなって久しいのです。(最近はセクハラで訴えられた事業者の政策委員もいます。)知的障害者が発信力にハンデのあることが記されていますが、国の政策委員会から当事者が排除されている事実は議論されていません。福祉施設内の事は具体的でしたが、議論は総じて抽象的。タイトルの「人権」ではなく「尊厳」という言葉に象徴されるような座談会でした。

障害者がどんな社会状況に生きていたかを歴史的に検証している記事は、「優性思想と現代(4)」です。優性保護法の範囲を超えて子宮摘出を推奨した厚生省、禁止されていた子宮へのX線照射の実施、子宮摘出を入所の条件にしたり、手術を研究大会で肯定的に発表した施設、子宮摘出を当然視する専門家や社会への障害当事者団体や弁護士、親の会の抗議行動などが記されています。民主主義国家日本の、背筋が寒くなるような歴史が記されています。

特集の座談会では優生保護法や強制不妊手術には一言も触れられていません。戦後日本の負の歴史と自らの関与を検証することなく、「知的障害のある方の尊厳を守る」ことなどできるはずがはありません。「優性思想と現代」の連載は12月号まで延びたそうです。自らの負の歴史に向き合わない日本知的障害者福祉協会は、私たちの反面教師です。現場で働く私たちはこの事実にしっかりと向き合いましょう。私たちの仕事の意味を考えるために、必ず読みましょう!
(林)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本知的障害者福祉協会と優生手術の関わりについて、南部労組・福祉協会のHPに詳細な記事があります。
https://jaidunion.wordpress.com/2018/05/30/about-support-201805-pt1/
https://jaidunion.wordpress.com/2018/06/01/about-support-201805-pt2/