生活保護問題対策全国会議HPより

コロナ災害を乗り越える
いのちとくらしを守る Q&A
2020年5月7日版
    いのちとくらしを守る何でも相談会実行委員会

【参考になるまとめサイト等】
※1 コロナウィルス関連で厚生労働省から出された通知をまとめたサイト
困窮者支援情報共有サイト ~みんなつながるネットワーク~

※2 厚生労働省 社会福祉・雇用・労働に関する一覧(新型コロナウイルス感染症)

※3 厚生労働省パンフ「生活を支えるための支援のご案内(令和2年5月1日版)」

※4 経済産業省パンフ「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」

※5 東京弁護士会「新型コロナウイルス生活問題Q&A」
https://www.toben.or.jp/news/pdf/COVID-19_troubleQA.pdf

Ⅰ 生活保護編
※本編の各QAの根拠となる通達・判例等の詳細については、「必携 法律家・支援者のための生活保護活用マニュアル 2019年度版」(生活保護問題対策全国会議編)の各Qの末尾に【活用マニュアルQ●】とある箇所をご参照ください。

Q1 収入が減り、生活がままならなくなりました。現金の支給をしてもらえる制度はあるでしょうか。
A 生活保護が利用できないか検討しましょう。
生活保護は、生活費・住宅費・教育費・医療費等をパッケージで給付してもらえる制度で、給料や年金などの収入があっても(Q11)、持ち家があっても(Q15・16)、車があっても(Q18)、利用できる可能性があります。
※Ⅰ-1 日弁連パンフ「『実は少ししんどい』あなたへ あなたも使える生活保護」

 国も、今回の事態に対応して自治体に以下の通知を出し、「適切な保護の実施」や「速やかな保護決定」等を指示しています。
※Ⅰ-2 令和2年3月10日付事務連絡「新型コロナウイルス感染防止等に関連した生活保護業務及び生活困窮者自立支援制度における留意点について」