被災地障害者センターくまもと
7月31日 
【1日約70本の電話】
相変わらず、電話が鳴りっぱなしの状況ですが、先々日の金曜日には、1日だけで新規のSOSが約20件程度、継続相談が同じく20件程度、その他情報提供やお問い合わせが約30本程度の電話。
電話の担当者は、一日中電話対応に追われ、個々のSOSに対して、いつ、どういった支援を提供すべきか、誰を配置するかなど、明日のスケジュールを立てる時間もない状況です。
前に述べた熊本市によるこのセンターのSOSチラシの郵送は終わっていない。明日から8月を迎えるが、支援のボランティアも現在とても少ない上に、電話を受けてコーディネートする事務スタッフも不足しています。
いろんなつてを辿って障害問題に明るいスタッフを探しているが、思うように見つからない。
誰か、一念発起して、少し長期に入れる人はいませんか。
もちろん、個別支援に行ってもらえる福祉ボランティアの方も足りていません。
ほんとに、助けてほしい気持ちです。