あの(ナチスの)手口を学んだらどうか 麻生氏の発言要旨
http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-July/025586.html
麻生発言要旨が載っています。

改憲でナチス引き合い 麻生副総理、都内講演で
あの手口を学んだらどうか 麻生氏の発言要旨
2013年7月31日 朝刊
  麻生太郎副総理兼財務相の二十九日の講演における発言要旨は次の通り。
 日本が今置かれている国際情勢は、憲法ができたころとはまったく違う。護憲と叫んで平和がくると思ったら大間違いだ。改憲の目的は国家の安定と安寧だ。改憲は単なる手段だ。騒々しい中で決めてほしくない。落ち着いて、われわれを取り巻く環境は何なのか、状況をよく見た世論の上に憲法改正は成し遂げられるべきだ。そうしないと間違ったものになりかねない。
 ドイツのヒトラーは、ワイマール憲法という当時ヨーロッパで最も進んだ憲法(の下)で出てきた。憲法が良くてもそういったことはありうる。
 憲法の話を狂騒の中でやってほしくない。靖国神社の話にしても静かに参拝すべきだ。国のために命を投げ出してくれた人に敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かにお参りすればいい。何も戦争に負けた日だけに行くことはない。
 「静かにやろうや」ということで、ワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか。僕は民主主義を否定するつもりもまったくない。しかし、けん騒の中で決めないでほしい。

民主主義を否定するつもりがまったくないのであれば、ナチスを引き合いにするのは矛盾しています。麻生氏の中でそれが矛盾していないのは、大日本帝国とナチスドイツが同盟関係を結んでいた同じファシズム国家であったという基本的な認識に欠けるからではないでしょうか?「国のために命を投げ出してくれた人に敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。」という発言がそれを示していると思います。戦没者は自由意思で自発的に国に自分の命を投げ出したのではなく、大日本帝国によって、天皇の名の下に強制的に戦争に徴発されたのです。
CMLメールより。ジジ