2013年10月

練馬区と練馬区教育委員会: 練馬区内の教育機関や図書館において、「はだしのゲン」を撤去することなく、従来どおり、子どもたちが自由に閲覧できるようにしてください。

イメージ 1

練馬区と練馬区教育委員会: 練馬区内の教育機関や図書館において、「はだしのゲン」を撤去することなく、従来どおり、子どもたちが自由に閲覧できるようにしてください。

発信者: 「はだしのゲン」の自由閲覧を求める練馬区民の会
東京都
「はだしのゲン」を有害図書として、教育現場からの撤去を求める陳情が練馬区に提出されています。

こうした本を教育現場から締め出すことは、「表現の自由」「図書館の自由」「子どもたちの知る権利」の侵害に他ならず、「アニメ・マンガのまち」を標榜し、[非核都市宣言]を有する練馬区にあってはならないことです。

原爆の悲惨さを、自分自身の実体験をもとに漫画化した中沢啓治の「はだしのゲン」は、世界各国で翻訳され、現在の世界的な核廃絶の世論を形成する大きな力となりました。また、「はだしのゲン」が表現している日本軍の中国などに於ける行為の描写は、普段はやさしい、ごく普通の人間が、戦争という極度の恐怖に追い込まれたとき、想像を絶する蛮行に及ぶことを伝えるものであり、現実を直視することによって、未来に生きる子どもたちが、再び戦争に突入することのない、平和な社会を築くことを、マンガを通して訴えたものです。

「はだしのゲン」が各国語に翻訳され、原爆の悲惨さ、戦争の真の姿を描いた良書として各国で読まれていることこそ、この本の表現する内容の価値を雄弁にものがたっていると言わなければなりません。

私たちは練馬区が、いかなる圧力にも屈することなく、これまでと同様に子どもたちが自由に「はだしのゲン」を閲覧できるようにすることを願っています。    

2013年10月 

『はだしのゲン』の自由閲覧を求める練馬区民の会 呼びかけ人(アイウエオ順)

有原誠治(映画監督) 
大柳武彦(ねりま九条の会事務局長) 
菊池 紘 (弁護士)
小岩昌子(平和運動)
古賀義弘(嘉悦大学名誉教授)
高阪由紀江(原発を考える会@ねりま)
小沼稜子(女性運動) 
神津眞久(市民運動) 
田場洋和(練馬地域の会) 
永田浩三(武蔵大学教授)
森田彦一(練馬・文化の会)
 
私たちの目標と行動 

※ 私たちはこれまで、11月4日までに1000名の賛同署名を集めることを目標にしていました。その1000名は、みなさまのご協力により、10月29日正午に達成することができました。しかしながら、私たちの真の目標は、『はだしのゲン』の教育現場からの撤去を求める陳情」を不採択にすることです。したがって、11月4日までの第二次目標を3000名と再設定して、この賛同キャンペーン署名を継続することにしました。

※10月31日18時に、練馬駅頭にて『ゲン』の自由閲覧を守れの賛同署名の呼びかけと、街頭宣伝活動を実施します。

※10月31日までに集まった賛同署名は、11月1日の午後に、練馬区教育委員会に提出します。 

※『ゲン』の教育現場からの撤去を求める陳情は、11月5日の練馬区教育委員会で審議される可能性が大です。したがって11月5日朝、4日まで集約された賛同署名を教育委員会に提出します。そこで継続審議となれば、さらにこのキャンペーンを延長します。

みなさまに、引き続きのご協力を強くお願い致します。

平成24年11月の「労働時間適正化キャンペーン」期間中の定期監督等の実施結果

イメージ 1
  イメージ 2   

昨年の「労働時間適性化キャンペーン」のリーフレットです。キャンペーン期間中、日の出福祉園の各部署、秋川ハイムに掲示したものです。
今年は、国はキャンペーンを実施しないようです。労働規制緩和を目指す自民党が政権与党になり、ブラック企業として名をはせたワタミの会長が政権与党の国会議員になるなど、労働行政が後退しているのではないでしょうか?
以下は、2013年3月5日発表の厚生労働省東京労働局の資料です。(ジジ

平成24年11月の「労働時間適正化キャンペーン」期間中
定期監督等の実施結果
東京労働局(局長 伊岐 典子)は、平成24年11月の「労働時間適正化キャンペーン」期間中に、管下18労働基準監督署(支署)が実施した定期監督等の労働時間適正化に係る事項を重点とする監督指導結果を取りまとめた。

はだしのゲン - 中沢啓治さんの妻ミサヨさんに署名とコメントをお渡ししました‏

はだしのゲン - 中沢啓治さんの妻ミサヨさんに署名とコメントをお渡ししました‏

「生きろゲン!」ネット署名にご賛同いただいたみなさん

キャンペーン発起人の樋口徹です。10月5日に、「はだしのゲン」閲覧制限事件とネット署名運動の顛末をご報告するため、亡くなられた中沢啓治さんの妻、ミサヨさんのお宅を訪問しました。松江市に署名を届けに行った際にも駆けつけてくれた永田浩三さん(武蔵大学社会学部教授、ジャーナリスト)も一緒にうかがいました。
イメージ 1

ミサヨさんから1時間半ほどお話をうかがうことができました。そのお話を聞いて、中沢さんはやっぱり唯一無二の偉大な漫画家であることを再確認、とても感激しました。私たちが持参した"21504名の署名”と"約4000名分のメッセージ集”にも、「これはうれしい!いい記念に なります」と喜んでいただきました。

以下、永田さんの報告から引用します。「玄関の隣は、中沢さんの仕事場。膨大な資料と、まんがを描く机がある。まさに創作がうまれる現場を見せていただけた。あまりにもったいない体験だった。
イメージ 2

ミサヨさんは、中沢さんの『はだしのゲン』にかける、命がけの思いを聞かせて下さる。中沢さんは、少年ジャンプの連載中、戦争の残虐さや戦争を生んだ背景を子どもたちにどう伝えるか、七転八倒した。ミサヨさんは、苦しむ姿を見て、やめてほしいと思ったこともあった。しかし、ゲンは中沢さんの分身。世の中に背中を押されるように、10巻を完結させた。」

この訪問で署名して下さった皆さんに私がした「約束」をようやく果たすことができました。
イメージ 3

あれから2ヶ月、松江市のほとんどの小中学校の図書室に「はだしのゲン」は戻ってきたようです。(10/17付 朝日新聞デジタル  http://www.asahi.com/edu/articles/OSK201310170012.html)

しかし各地(大阪、神奈川、沖縄など)で歴史教科書の採択に国や行政が口を出したり、「はだしのゲン英訳者の講演会中止」事件(杉並区)、学校・児童館からゲンを撤去せよとの陳情(練馬区)があるなど、まだまだ予断を許しません。何より、いま政府が制定しようとしている「秘密保護法」が通ってしまえば、もっと大変な事態になってしまう。戦争につながるあらゆる動きを察知し、ひとつひとつつぶしていくことが必要だと、あらためて痛感しています。

最後に、中沢ミサヨさんから届いたお手紙の一部を紹介して、私の報告を終えます。
イメージ 4

「…少し時間がかかりましたが頂いたコメントを全部読ませていただきました。どの内容も主人の意中を汲み取って下さり大変嬉しく思いました。皆様のお陰で早く解決し閲覧できるようになった事に安堵しております。

ご存知のように「はだしのゲン」は中沢啓治が心血を注いで書いた作品であり、「ゲン」は分身でもあります。「生きろゲン」は闘病中に「俺も長く生きられないからゲンに託すぞ」と話をしていた時の言葉です。

これからはゲンがどんなことにも屈せず世界の子供達に戦争や原爆の悲惨さを訴え続けていけたらと思っています。さらに強く生きる事を伝えるためにも読み継がれることを願っています。」

樋口 徹

写真速報 : 稀代の悪法・秘密保護法を廃案に追い込もう~平和フォーラム集会に2800人

写真速報 : 稀代の悪法・秘密保護法を廃案に追い込もう~平和フォーラム集会に2800人

稀代の悪法・秘密保護法を廃案に追い込もう~平和フォーラム集会に2800人http://www.labornetjp.org/image/2013/1029-03

10月29日、東京・日比谷野音で「秘密保護法案と立憲主義否定の国づくりに反対する10.29集会」が開催された。主催は平和フォーラムで、自治労・日教組・私鉄総連はじめ様々な労組が集まり、約2800人の結集となった。辻元清美民主党議員(写真上)は、「この法律では国権の最高機関であるはずの国会議員でさえ情報にアクセスできない。特定秘密を問うたら議員も含めて懲役10年の処罰! なめるんじゃないよ。私は立法府に働く者としてしっかりと廃案に追い込んでいきたい」。新聞労連・大江史浩書記長も「情報はだれのものか、主権者である国民のもの。一握りの政治家や官僚のものではない。いま必要なのことは情報統制ではなく、情報公開制度のさらなる充実だ」と熱弁。最後にフォーラム藤本事務局長が「きょうは第一歩。稀代の悪法・秘密保護法を世論の力で廃案に追い込もう。11.21大集会に集まろう」と訴えた。(M)
↓「なめるんじゃないですよ」辻元清美議員、怒りのスピーチ
http://www.labornetjp.org/image/2013/1029-10
↓連帯の挨拶・海渡雄一弁護士「政府とのやりとりで特定秘密に原発が入ることがわかった。これは大変なことだ」
http://www.labornetjp.org/image/2013/1029-04
↓市民のプラカードもあった
http://www.labornetjp.org/image/2013/1029-05
↓新聞労連・大江書記長は身振り手振りで熱弁した。「メディアは中立と言われるがこの問題には中立はない。憲法違反の法律だからだ」。
http://www.labornetjp.org/image/2013/1029-08
↓集会の最後は「団結頑張ろう」。このあと国会デモへ。
http://www.labornetjp.org/image/2013/1029-09

また無記名文書

日の出福祉園で保安点検のために停電になること、その間パソコンの使用ができないことを周知する園内メールが流されました。

発信元は「システム管理」とだけ記載されています。

「システム管理」なる部署は初めて聞きました。IT関係は日の出福祉園事務長が担当していたはず。なぜ、事務長は自分の名前を明記しないのでしょうか?

新しいシステムが稼働したときには、事務長名はおろか「システム管理」なる部署名も書かれていない幽霊文書でしたから、それよりは若干進歩したのかもしれません。
それにしても、自分の名前を出すことがつくづく嫌いな事務長のようです。
しかし、業務上の文書は発信者を明記すべきことは言うまでもありません。

プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ