2012年10月

また冤罪が生まれるところでした

パソコン遠隔操作の誤認逮捕事件の大学生の父親がコメントを出しました。大学生は絶望の中で「自分がやった」と自供に至った事がつづられています。

私は医療観察法の鑑定入院施設で働いていた頃、「とてもこの人が書いたとは思えない」ような、多分に警察の作文がうかがえた供述調書を読んだ事があります。
自白偏重の取り調べで、日本の警察は今まで多くの冤罪を作り上げてきました。「やってなかったら、あくまで否認すればいいじゃないか?」とつい私たちは考えてしまいますが、否認できない状況に追いこまれて自らウソの供述をしてしまうのが取り調べの恐ろしいところ。健常者でもそうですから、知的障害がある人ならば、誘導や暗示に乗せられて簡単に自白してしまう事は明らかです。

取り調べの可視化は待ったなしだと思います。しかし心神喪失状態とされれば、不起訴になっても医療観察法で申し立てられます。7月の医療観察法廃止!全国集会では全く精神疾患のない知的障害者が申し立てられた事が報告されました。http://blogs.yahoo.co.jp/nkl3doai/9621896.html
知的障害分野に働く私たちにもこの法律は無縁ではありません。11月24日にも集会が予定されています。多くの職員の参加を呼びかけます。
(ジジ

「STOP!生活保護基準引き下げ」署名にご協力を!

組合は「STOP!生活保護基準引き下げ」署名に取り組みます。生活保護の切り下げは、生保受給者の問題だけではありません。マスコミに踊らされていると私たち自身の首を絞めることになります。

・就学援助の適用基準や公営住宅家賃が安くなる減免基準を、生活保護基準の何倍の収入や所得というようにしている自治体が少なくありません。
・就学援助の学用品費等の支給金額は、生活保護の教育扶助額と連動しています。
・課税基準にも影響し、最低生活費が減額されれば、地方税非課税の上限が引き下がります。すると、これまで地方税を課税されていなかった世帯にも課税が行われ、生活が圧迫することになります。
・最低賃金とも密接な関係があり、最低生活費が引き下げられれば、最低賃金も連動して引き下げられます。    ―「間違いだらけの生活保護バッシング」より

日の出福祉園の各部署からプロシード、ルクル、ハイムと順に回覧していきます。
ぜひ、ご協力をお願いします。  

STOP生活保護基準引き下げHP http://nationalminimum.xrea.jp/                                                      (ジジ

経団連会館前抗議!

経団連前に初めて参加しました。
イメージ 2
イメージ 1
イメージ 3予想以上の参加者です。ドラム隊の地響きのようなリズムでシュプレヒコール。

しかし・・・「米倉(経団連会長)、日本から出ていけ!」のコールは正直言って嫌悪感を持ちました。原発賛成派の人に日本から出ていけ!と言うのなら、排外主義右翼団体と変わりがありません。

もちろん財界トップと、原発賛成派市民を同列に見なす事はできません。経団連会長は権力を持っています。しかし、だからといって経団連会長の国外追放を叫んでどうする?国会前抗議行動は参加者が減っているようです。ひょっとして主催者側に焦りが出てきており、それが感情的なアピールにつながっているのではないかと思いました。熱い思いは禁物。怒りがあればなおの事。

私たちも行ける時はぜひ参加しましょう。11.11は早出なら間に合います!(ジジ                                   

こふくげきじょう

 こふくげきじょうとは鼓腹撃壌と書きます。十八史略の中の尭帝の話です。
 尭帝はある日国内がうまく治まっているか心配になり、お忍びで街に出かけました。すると四辻で子供たちが帝を称える歌を歌っていました。
 尭帝はまだ納得できないままとうとう町外れまで来てしまいます。すると老いた農夫が鼓腹(腹づつみを打ち)撃壌(木製のコマをぶつけ合って勝負する遊び)しながら謳っています。「自然の赴くままに働き平安に暮らして居る。帝が私に何をしてくれているというのか。」
 これを聞いて帝は、百姓たちは政治の力などすっかり忘れ何の不安も無く暮らしている。これこそ政治がうまくいっている証し、と納得したと言う故事です。
  
 ここでは何の心配もない事こそ本物という例えとしておきましょう。
 
 さて前職のころ、よく健康に留意している年長の方の話をいろいろ聞かされた事がありました。私は健康という事に関心が無く、「○○さん、いつも身体に気を使ってすごいですね。」と感心すると、「健康に気を使わなくて良いのが一番だよ。」と言われました。
 日の出福祉園では恐らく最年長支援員の私は、さすがに健康維持が気になっていて、まあ自転車に乗ったり囲碁に精を出している訳です。自転車は体力促進、囲碁はボケ予防のつもりです。
 そこで皆さんや家族に言われる訳です。「よんくさん、毎日自転車通勤ですごいですねえ。」「お父さん、お休みの日によくそんなに囲碁を打つ気になるね。」
 これって私がかつて言っていた事そのままじゃありませんか!!!
 皆さん、健康に気を使わない事こそ健康そのものなんですよ。
 
 ちょっと違うのは「囲碁」は脳のアンチエイジングばかりではなく、面白くて、もっともっと上達したいと願っている事でしょうかね。
 
イメージ 1
                           シチダンカ:絶滅危惧種のあじさい
                (写真と本文は関係ありません。)
                       よんく
                              
 

請願署名

過労死防止基本法制定を求める請願署名は実行委員会に郵送しました。

西多摩事業所内で回覧しましたが、合計42筆集まりました。ご協力ありがとうございました。第二次の取り組みも行いますので、署名まだの方は是非ご協力お願いします。                                          (ジジ
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ