2012年02月

人の人権を制限するということ②

私たちが基本的人権を制限される場合はどんな場合でしょうか。

参政権は刑法や公職選挙法での刑罰で制限されます。禁固刑ならもちろん人身の自由は制限されます。刑罰以外には、かつて心神喪失者に対する禁治産制度がありました。心神喪失者に「財産を治めることを禁じ」たこの制度は、家族や家の財産の保護のためには有効であったのかもしれませんが、当人は無能力者として選挙権も剥奪されていました。これは1999年に成年後見制度へと変わりましたが、被後見の場合は以前の禁治産者同様に参政権が剥奪されてしまいます。

選挙権剥奪は不当だと、その回復を求めて知的障害者が裁判に訴え、「手をつなぐ」にも紹介されているように育成会や関係団体が公選法改正を求めて運動を行っています。

言うまでもなく基本的人権は近代国家の大切な原理です。それが憲法で明文化されていなければ、前近代的な国家だと見なされてしまいます。日本国憲法でも明文化されていますが、だからといって憲法で自動的に守られているのではなく、「国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない」(日本国憲法 第12条)とされています。

基本的人権の保障は、出自、血筋、家柄などによる制限や格差があってはいけません。そんな差別があるならば、そんな差別社会は福祉社会とは言えません。私たちは不断の努力で差別を許してはいけません。                                                                                (ジジ

人の人権を制限するということ ①

精神科医療の分野では強制的処遇が存在します。その是非は議論がありますが、場合によっては身体拘束を含めた強制的治療が法で規定されています。

ただし、公権力が人権を制限するわけですから、どういう要件でそれが可能なのか細かく定められています。また強制医療を受けている間でも、通信、面会の自由は保障され、弁護士や人権擁護機関への連絡は制限されません。また処遇に納得できない場合に都道府県にある精神医療審査会への退院請求も保障されています。
そのため、精神科の看護師は他科と違って精神保健福祉法という法律の勉強をさせられます。それを知らなければ、法を逸脱して人権侵害を起こす可能性があるからです。法律を学ばないと看護はできません。

知的障害福祉の分野でもアドボカシー(権利擁護)が言われて久しいのですが、精神障害医療・福祉分野と比較すると強制的な処遇に関する警戒感や配慮に欠ける、という印象がします。                                             (ジジ

法の下の平等 

法の下の平等 

旧皇族の大学教員が、男系天皇の維持のために要請があれば皇族に復帰する旨を表明しました。

旧皇族の人たちは、言うまでもなく一般国民です。その人たちが場合によっては皇族になっても良いと希望するのなら、私たちも皇族になる事を希望しても良さそうです。なぜなら、私たちには日本国憲法で法の下の平等が保障されているからです。

日本国憲法 第一四条【法の下の平等、貴族の禁止、栄典】
1 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、 経済的又は社会的関係において、差別されない。
2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

一般国民であるその大学教員は、旧皇族という特権階級意識があるのでしょうか?それとも、法の下の平等より血統や家柄が優先されると思っているのでしょうか?


ちなみに、皇族には私たち国民に保障されている基本的人権がありません。その大学教員が皇族になりたいと希望するのは自由ですが、自分の子孫が代々まで選挙権、被選挙権、職業選択の自由、居住の自由、結婚の自由すら失ってしまう事をどう考えているのでしょうか?次世代の子どもの人権を制限、剥奪してしまう権利が彼にあるのでしょうか?                       (ジジ


この国に生まれたるの不幸

人気アイドルグループ、AKB48のメンバーの家族の醜聞が週刊誌で報道されました。事件から一週間経って当のメンバーがブログでコメントを出しました。それでも大手の新聞はこの件をスルーしています。テレビも同様。人気アイドルだけに、応援するファンの励ましもたくさん寄せられたそう。当人に罪はないし、それはけっこうなことですが・・・

怖いのは、ほとんどのマスメディアが足並みを揃えて、あたかも何も無かったかのように情報操作していること。そのAKB48は「元気な日本」応援団として日本政府の広報も務めるとか。アイドルの話にとどまらない底知れぬ不気味さを感じます。

原発の状況は?福島だけでなく各地の放射能汚染の実態は?アイドルの醜聞でさえこうですから、降下セシウムの増加や高濃度セシウムの黒い物質の報道を大手のマスコミに期待することなど、まったくもって夢物語なのかもしれません・・・。

「この国に生まれたるの不幸」とは日本の精神医療の近代化に功績を残した医師呉秀三の言葉です。精神障害者の置かれた悲惨な状況を示した言葉ですが、私たち
の置かれている社会状況を考えたとき、この言葉が真っ先に浮かんできました。 (ジジ

生活棟のテーブル修理

生活棟のテーブルの足ががたがたの状態で直して欲しい
との依頼があったのですが、のびのびになっていました。
26日の休日が雨天だったので、職場なら屋根下で作業
できるということで道具を持って直しに行ってきました。
 
イメージ 1
テーブル面が重いのでテーブルをひっくり返すようなときに脚に横
から無理な力がかかってしまったのががたつきの原因の様です。
依頼から日にちが経っていたので、ばらばら寸前の状態でした。
補強して直せる状態ではなく、枠から作り直すことにしました。
 
イメージ 2
出来上がり。
所要時間は準備と考えるのに30分、作業に2時間半ほど。
枠は横からもテーブル面からもコーススレットで留めて丈夫
にし、足はシンプルに裏からボルト2本で締め付けています。
頑丈に出来ましたが、さてさてどれくらい持ってくれますか。
 
皆さん修理不能と思っていたようで、たいへん喜んでいただけました。
(よんく)
プロフィール

人間平等!

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ